カナダ留学

英語&フランス語のバイリンガル留学も可能!治安の良さも◎

モントリオール

カナダ第2の都市、
"北米のパリ"と称される美しい街並み

シニアの留学先としても大人気!フランス語を学びたい方へ

ケベックシティー

フランス文化の息吹を感じさせる
世界遺産の城郭都市

 

◇おすすめの語学学校◇

BLI

TBT提携校

【 BLI 】 http://japanese.blicanada.net

モントリオールとケベックシティーに校舎を持つカナダで人気の語学学校。
生徒数は200人~300人程の中規模校なので、適度にアットホームな環境と様々な国の留学生たちとも触れ合う事ができる。その他、日本人女性スタッフが2名常駐しているのも心強い。
一般英語・フランス語コースの他、TOEFLやIELTSなどの試験対策コースなども有り。
また、夏休みや冬休みなどには世界中から100人以上のキッズやティーンネイジャーたちが集まり、日中は学校で語学研修とアクティビティー、カナダの一般家庭でホームステイを体験できるFLAPプログラムが人気。週末にはトロントやナイアガラの滝、アメリカのニューヨークなどへの見学ツアーなどもあり、語学以外にも十分満喫できる。
キッズからシニアまで幅広い年代層から支持される人気の語学学校。

◇BLI モントリオール校◇

クラスルームの様子

クラスルームの様子

 校舎内(カフェテリア)の様子

校舎内(カフェテリア)の様子

大人気のAshley先生とクラスメイト

大人気のAshley先生

なぜモントリオールか? (人気の理由)

①日本と変わらない治安の良さ(夏場は21時頃まで明るく、街の人々もフレンドリー)
②物価がカナダの他都市(トロントやバンクーバー)よりも割安なので生活費も抑えられる
③英語以外にも日常生活の中で自然とフランス語に触れることができる好環境
④娯楽が多い(F1カナダGP、モントリオール国際ジャズフェスティバル、プロアイスホッケーチーム、オペラやJAZZ BARなど)
⑤グルメを満喫できる(本格的なフレンチやベーグル、プティン、スモークミートなどの地元グルメなど)
⑥立地の良さ(トロントやオタワの他、アメリカ国境にも近いためニューヨークやボストンなどにも気軽に足を延ばすことが可能)
⑦他都市(トロントやバンクーバー)に比べて日本人が少ないので語学に集中できる好環境(他のアジア人も少ない)

◇お客様のご感想◇

Kさん(30代女性) 青森県平内町在住

※留学先:BLI(モントリオール校)期間:2015年9/26~10/3まで約1週間(滞在先:家具付きアパート)

  • 今回9/26~10/3までカナダのモントリオールにあるBLIに短期留学しました。
  • 今まで海外旅行は何度か行った事がありますが、留学というのは初めてで楽しみな反面、行く日
  • が近づくにつれて飛行機の乗り継ぎはきちんとできるか、学校での授業についていけるかなど不
  • 安な部分もありました。しかし、夏に同じBLIに留学した睦美先生の旦那さんの勝寿さんに体験
  • 談やモントリオールのおすすめの観光スポットやお店などを聞いているうちに不安もなくなり楽
  • しみな気持ちの方が増していきました。
  • モントリオールに出発する前は通常のレッスンではなく復習も兼ねて日常でもよく使われる文法
  • や入国審査の時に使われる英会話などを行いました。又、レッスンで勉強した事が実際に入国審
  • 査や現地の学校での授業に役立ちました。
  •  
  • 今回私が留学したbliは、ノートルダム大聖堂の隣と言ってもいいほどすぐ近くにあり、Old
  • Port(旧市街)や市庁舎などの観光名所も徒歩圏内にあります。日本でも事前に30分程度のオン
  • ラインテストがありましたが、入学初日にスピーキングテストがあり、クラス分けされました。
  • 私のクラスは、私も含め日本人4人、ブラジル、メキシコ、コロンビア、ペルーから来た4人の
  • 8名でした。年齢も職業もバラバラですが、授業ではペアを組んでゲームをしたり、質問し合っ
  • たりお昼も一緒に食べることが多かったので、すぐに打ち解けることができました。
  • 授業は1時間目に文法を習い、2時間目にテキストを使い、3時間目に習った事の復習というよう
  • な形式で、どの授業も日本のように座学だけではなく、必ず習った文法を使い、お互いに質問し
  • 合ったりと実践もありました。授業の内容は、中学校で習った内容でしたが、すべて英語での授
  • 業となるとやはり所々わからない部分もc習った内容でしたが、すべて英語での授業となるとやは
  • り所々わからない部分もいました。入学した翌日が、先生の誕生日という事がわかり、クラスメ
  • イトとサプライズで誕生日パーティーをしたりと楽しかったです。私は5日間の学校生活でした
  • が、最後の挨拶をするときはとても悲しく涙が出ました。今回私は参加しませんでしたが、学校
  • 主催のアクティビティーも毎日あり、週末にはケベックシティーなどへ行くツアーもあるよう
  • で、滞在期間が長ければ参加したかったです。又、学校には日本人スタッフも2名いるので、
  • 困った事などあればいつでも相談できるので心強いなと思いました。
  •  
  • モントリオールは”北米のパリ”と呼ばれているようで、公用語もフランス語と英語というだけ
  • あって、標識やメニューなどもフランス語と英語表記になっていたり、お店でもまずはフランス
  • 語で話し掛けられる事が多かったです。街全体もそれほど大きくなく、徒歩で大抵のところには
  • 行く事ができました。近代的なビルもあれば、教会や美術館なども混在しており、街並みもパリ
  • のようでした。
  • 今回滞在したアパートもモントリオールの中心部に近い場所だったので行動しやすかったです。
  • セキュリティーもしっかりしているし、ワンルームでしたがとても広く、小さなキッチンもあ
  • り、スーパーで食材を買ってきて料理もしました。スーパーへ行き、地元の人がどんな物を買っ
  • ているか観察し、数ある商品の中から同じ物を買ってみたりと楽しい経験をすることが出来まし
  • た。
  • また、モントリオール滞在最後の日に、日本人のクラスメートと一緒に勝寿さんおすすめのカ
  • フェに行ったり、JAZZ BARに行ったりPUBにも行ってきました。JAZZ BARでは初めて生の
  • JAZZ演奏を聴き、素敵な時間を過ごすことが出来ました。
  • 本当に1週間だとあっという間で、慣れた頃に帰国になってしまいました。モントリオールにい
  • るときよりも、日本に帰ってきてからの方がまた行きたいという気持ちが日に日に強くなってい
  • ます。次回は1週間ではなくもっと長く行きたいです。そしてそして、英語をもっと話せるよう
  • になりたいと思ったので、レッスンはもちろんの事、自己学習も頑張りたいと思いました。
  • 今回、本当に良い経験をしたなと思います。ありがとうございました。

◇留学費用◇

◇1週間のプチ留学をした場合 88,000円~ 

パック料金:入学金、教材費、授業料、滞在費(ホームステイ:1日3食付き)、空港送迎(往復)

※上記の他に、国内移動費・航空券・海外留学保険・アクティビティーまたは見学ツアー参加費・お小遣いなどは別途
 必要となります
※ホームステイ以外(学生寮や家具付きアパートなど)やクラスの受講時間により料金が変わります
※航空券はお客様ご自身にて手配して頂きます(滞在先や空港送迎、見学ツアーなどは学校で手配いたします)

その他、バンクーバーやトロントなど他都市への留学を希望の方もまずはお気軽にご相談ください。